古道具の補修をやって見ました

高さ50センチ程の小さな格子戸…
何処に使われていたものだろう。
f0318920_10345223.jpg

ハンドメイドイベントの什器として使うつもりです。
ぱっと見は何も壊れていないようにみえるけど
買って来たときは一部格子部分無かったり、欠けていたりという状態でした。
長い間使われてきた古物は大好きなんだけれど結構破損してる場合も多いのです。
多少のキズや欠けは味としていいのかと思いそのまま使っているけれど欠けてる事によって釘がむき出しになって危なかったりささくれだったり見た目がどうも💧という場合はどうしたものかと考えた結果、これは補修するしかない!と決心して始めてみました。

まずは既に無くなっていた部分から。
切るのも楽な柔らかい薄い板を買ってきて
はめ込んでみたら…
f0318920_20552612.jpg


おっ!いい感じ!
なるべく古いまま残したいので下から二段目の板は
欠けてる部分だけを補ってみました。
カッターで削ったり紙やすりで微調整しながら形作ることに。
f0318920_20552771.jpg


初めての割にはうまくいったかな。
最後は100均のウォールナット色のニスを2、3回塗り重ねたら壊れていたなんて分からなくなっちゃいました。
遠目で見たらね。
f0318920_20552756.jpg

ホームセンターや100均で材料を調達してプチ補修はやってみると結構楽しい作業でした。
これからも多少破損した古道具を買ってきたとしても出来そうかな…


[PR]
by tumujikazee | 2017-04-26 20:31 | はんどめいど | Comments(0)

羊毛フェルト・古布小物作り、好きなものについて綴っています


by つむじ風
プロフィールを見る
画像一覧